価格満足度No.1のかさまーと│オリジナルのクリアファイル印刷・作成

【創業明治8年】オリジナル印刷・作成ならクリアファイルのかさまーと
9:00〜17:30 土日祝除く
(076)275-8877
メールは24時間受付
info@kasamart.jp

お役立ち情報

クリアファイルのサイズ・大きさと重さは?郵送するには?クリアファイルの切り込み、形の理由
自作可能!? オリジナルクリアファイルを作る方法まとめトンボ、ぬりたし、アウトラインって何?
クリアファイル印刷の「白版」なぜ必要?画面の色と印刷結果が違う!色校正を行う意味
かさまーとおすすめクリアファイル診断!

自作可能!? オリジナルクリアファイルを作る方法まとめ

個人でオリジナルデザインのノベルティを作成したいと考えたとき、何となく「クリアファイルは自作が難しそうだから」と避けてしまう方も少なくないでしょう。

実は、ちょっとした工夫でオリジナルクリアファイルを自作することは可能です。

 

  • ・オリジナルクリアファイルを自作する方法とは
  • ・自作した場合と専門業者へ依頼する場合の違い
  • ・専門業者への依頼が最適なケースとは

ここでは上記3つのポイントを中心に、自作のオリジナルクリアファイルについてご紹介します。

オリジナルクリアファイルを自作する方法とは自作するデメリットと専門業者に依頼するメリット低価格高品質のオリジナルクリアファイル印刷ならかさまーと

オリジナルクリアファイルを自作する方法とは

もっとも簡単にオリジナルクリアファイルを自作する方法は、通販で「印刷できるクリアホルダー」や「オンデマンドクリアーホルダー」を買ってレーザープリンターやインクジェットプリンターで印刷する方法です。

 

もしくはOHPフィルムや透明ラベルに印刷して既製品のクリアファイルに貼り付ける方法もあります。

「印刷できるクリアホルダー」で自作する方法

印刷できるクリアホルダーは、オリジナルデザインのクリアファイルを手軽に作成したい方向けの素材です。事業者向けの事務用品通販サイトなどで購入できます。
半透明タイプと白色タイプの2種類が主流で、個人でも通販サイトを介して購入可能です。

 

印刷できるクリアホルダーを使用してオリジナルのクリアファイルを自作する場合は、以下の手順でおこないます。

  1. ・サイズに合わせてデザインを作成する
  2. ・レーザープリンターなどにデータを転送する
  3. ・通常の書類印刷と同様にファイルへプリントする

 

まずは印刷したいクリアファイルのサイズに合わせて、デザインを作成しましょう。

使用するレーザープリンターの機種によって印刷できる範囲が異なるため、あらかじめ周囲にどの程度の余白ができるか調べたうえでデザインを作成してください。

 

完成したデータを、レーザープリンターもしくはレーザータイプの複合機(MFP)へ転送します。(印刷業者が使用するプロダクションプリンターでの印刷が可能なタイプもあります)

 

通常の書類を印刷する場合と同じ手順で、紙詰まりを起こさないよう1枚1枚慎重に印刷しましょう。
専用のクリアファイル素材を使用することでレーザープリンターのトナーがしっかりと定着してくれるため、問題なく日常使いできるオリジナルクリアファイルが完成します。

「オンデマンドクリアーホルダー」で自作する方法

商品によっては、「オンデマンドクリアーホルダー」などの名称・分類で自作用のクリアファイル素材が販売されていることもあります。

印刷できるクリアホルダーと基本的な特徴は同様ですが、一部の商品は家庭用のインクジェットプリンターによる印刷が可能です。

 

レーザープリンターで自作する場合と同じ手順で作成します。

  1. ・サイズに合わせたデザインを作成する
  2. ・インクジェットプリンターにデータを転送する
  3. ・通常の書類と同様の手順で印刷する

 

フチなし印刷ができないレーザープリンターと異なり、一部のインクジェットプリンターは端まで印刷できるタイプも販売されています。
使用するインクジェットプリンターが端まで印刷できるタイプなのか、印刷できない場合はどの範囲まで印刷できるのかを調べたうえでデザインを作成しましょう。

 

レーザープリンターを使用する場合と同じく、紙詰まりを起こさないよう1枚1枚慎重に印刷することがポイントです。

「OHPフィルム」や「透明ラベル」で自作する方法

レーザープリンターやインクジェットプリンターで印刷できるクリアファイル素材は、一部の商品が販売終了していることもあり、入手困難な方も少なくないでしょう。
そのような方も手軽にオリジナルクリアファイルを自作できる方法として挙げられるのが、「OHPフィルム」や「透明ラベル」の活用です。

 

家庭用のインクジェットプリンターなどで手軽に印刷できる用紙で、特徴は裏面がシール状になっていることです。

 

以下の手順で、オリジナルクリアファイルの自作ができます。

  1. ・印刷したいサイズでデザインを作成する
  2. ・インクジェットプリンターにデータを転送する
  3. ・「OHPフィルム」や「透明ラベル」に印刷する
  4. ・印刷したフィルムやラベルをクリアファイルに貼り付ける

「OHPフィルム」や「透明ラベル」は、家庭用のインクジェットプリンターで印刷することを想定して製造されたものが市販されているため、比較的手軽に入手可能な素材です。

 

印刷した「OHPフィルム」や「透明ラベル」などのシートはデザインに合わせてカットして、好みのクリアファイルに貼り付けます。
自由にカットできるうえ、貼り付けるクリアファイルも通常の(プリント専用ではない)タイプが使用可能です。

 

シート一枚に同じデザインを複数作成して印刷し、カットして効率良く量産したり、赤や青など色つきのクリアファイルに貼り付けて新しい表現に挑戦したりできます。
貼り付けるときはホコリやゴミの混入を避け、指紋が接着面にくっきりと残らないように注意しましょう。

 

このように、プリンターと用途に合った素材を用意して印刷さえできれば自作することもできますが、専門業者に依頼するメリットはどのような点にあるのでしょうか。

ページの上部へページの上部へ

自作するデメリットと専門業者に依頼するメリット

前述したような方法でオリジナルクリアファイルを自作するデメリットは、以下のとおりです。

  • ・素材・印刷方法によってはすぐにデザインが消えてしまう
  • ・薄くて強度が弱い場合があり、長く使えない
  • ・クリアファイルに全面印刷できない

 

例えばレーザープリンター用のクリアファイルにインクジェットプリンターで印刷すると表面に定着せず、デザインが消えたり理想の色味が出なかったりします。

多くの印刷用クリアファイルは薄手に製造されていることから、強度が頼りなかったり、紙詰まりを起こして印刷機自体を壊したりするリスクも考えられるでしょう。

 

また、レーザープリンターや一部のインクジェットプリンターはフチなし印刷ができず、デザインの魅力を半減しかねません。

 

よって下記のような場合は、専門業者に依頼するほうがおすすめです。

  • ・デザインの色味を確実に再現したい
  • ・丈夫で長く使えるオリジナルクリアファイルが欲しい
  • ・クリアファイル全面にデザインを印刷したい

 

クリアファイル印刷に適したインキや印刷機を使用するため、繊細なデザインの色味やこまかな表現を確実に再現してくれます。
厚みのある丈夫なクリアファイルで作成できるうえ、全面印刷できるためデザインに制限が生じることがありません。

ページの上部へページの上部へ

低価格高品質のオリジナルクリアファイル印刷ならかさまーと

このように、専用のクリアファイル素材と各種プリンターを使用することで、簡単にオリジナルクリアファイルの自作は可能です。
しかしクオリティや丈夫さが劣る点は否めないうえ、実のところコストも抑えられていません。

 

印刷できるクリアファイル自体が100枚単位で高額販売されていることが多く、素材代のみで数万円かかります。(少量のみ作成したい場合は余ったクリアファイルが無駄になることも)
専門業者に依頼するほうが、費用を抑えつつ高品質で作成できる場合もあります。

 

低価格・高品質のオリジナルクリアファイルをお探しの方は、ぜひ「かさまーと」へお任せくださいませ。
個人のお客様も気軽にご利用いただけるよう、10枚の小ロットから発注可能なオンデマンド印刷もご用意しております。

 

弊社は明治時代の創業以来、145年以上にわたって、印刷のプロとして確かな技術と知識を磨いてきました。

 

オリジナルデザインの魅力を引き出す色の再現度も、Japan color認証制度取得により高い技術力が証明されており、デザイン性を重視するアーティストや個人の方も安心してご依頼いただけます。
ウェブサイトに掲載している商品はすべて、会員登録など面倒な手続きなしでご利用いただける「WEB自動見積」にて、24時間どなたでも無料で見積もり可能です。

 

「デザイン作成できない」「価格表にない数量を注文したい」という方も、メールやお電話で直接対応させていただきますので、まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

ページの上部へページの上部へ