価格満足度No.1のかさまーと│オリジナルのクリアファイル印刷・作成

【創業明治8年】オリジナル印刷・作成ならクリアファイルのかさまーと
価格満足度No.1
9:00〜17:30 土日祝除く
(076)275-8877
メールは24時間受付
info@kasamart.jp

お役立ち情報

クリアファイルのサイズ・大きさと重さは?郵送するには?クリアファイルの切り込み、形の理由
自作できる?手作りクリアファイルの作り方トンボ、ぬりたし、アウトラインって何?
クリアファイル印刷の「白版」なぜ必要?画面の色と印刷結果が違う!色校正を行う意味
かさまーとおすすめクリアファイル診断!

画面の色と印刷結果が違う!色校正を行う意味

クリアファイルにデザインを印刷すると、色味が思っていたものと全然ちがう!と、トラブルになってしまわないように、クリアファイルの色味についてご説明します。

色校正を行う意味光の三原色(RGB)と色の三原色(CMYK)クリアファイル印刷の色味と色校正
おまかせデータ修正サービスで色のトラブルを回避しよう!まとめ

色校正を行う意味

クリアファイルはその素材の光沢によるツヤや透明性による影響で、モニタや出力紙で見る状態とは色の見え方に違いが生じます。

一般的に全体の色味が深く落ち着いた印象になる傾向がありますが、パソコンのモニタで見えている色が、そのまま印刷されるわけではありません。同じデータでも印刷物とディスプレイでは、色を表現する仕組みが全く異なる上に、各パソコン間、用紙の種類によって色の見え方が異なります。また白版の有無による透明度の差によっても、見た目の印象がずいぶんと違います。

ページの上部へページの上部へ

光の三原色(RGB)と色の三原色(CMYK)

一般的に表現されている色には、光の三原色(RGB)と色料の3原色(CMY)があります。

RGBカラーとは、光の三原色「R(赤)・G(緑)・B(青)」を指します。
テレビやパソコンのモニター、スキャナで読み込んだ画像、デジタルカメラで撮影した画像などは、このRGBカラーで色が表現されます。
この三原色は、光なので重ねていくと色が明るく、白色に近づいていくので「加法混色」と言われています。
これに対して、CMYカラーは、色料の三原色「C(シアン)・M(マゼンタ)・Y(イエロー)」を指します。
CMYカラーは、重ねていくと色が暗くなり、理論上、黒色に近づくため「減法混色」と言われています。
色を重ねるほどに黒くはなるのですが、実際には、濁った灰色になっていくので、純粋な「黒色」にはなりません。
プロセスカラー印刷では、黒の部分を引き締めるために、C(シアン)、M(マゼンタ)、Y(イエロー)にK(黒)のインキを加えた4色(プロセスカラー)で表現しています。

ページの上部へページの上部へ

クリアファイル印刷の色味と色校正

クリアファイルでは、その素材の光沢によるツヤや透明性による影響で、モニタや出力紙で見る状態とは色の見え方に違いが生じます。

色のテスト印刷で色確認する(色校正)

前項でご説明したとおり、RGBとCMYKでは、光と色料という差があることが、ご理解いただけたと思います。モニターで見ている色がRGBカラー、クリアファイル印刷で行う印刷方法がCMYKカラーということになります。お互いに再現できる色の領域(色空間・カラースペース)が異なるため、モニター画面で見た色と、印刷した色味とでは、どうしても差が出てしまうのです。
その為、色味に厳密な場合には、色校正をお勧めいたしております。
当社では、本機本紙色校正、本紙色校正、簡易色校正の3種類からオプションにてお選びいただけます。それぞれの色校正には向き不向きがありますので、用途や目的によって適切な色校正をご提案します。
詳細は色校正の種類や価格についてのページをご確認下さい。

ページの上部へページの上部へ

おまかせデータ修正サービスで色のトラブルを回避しよう!

「RGBからCMYKへの変換が良く分からない」、「データ作成に自信がない」、「再入稿すると納期が間に合わない」
ご安心下さい!そんな「困った」を解決するのがおまかせ!データ修正サービスです。

原則、完全データ入稿

かさまーとでは基本的に完全データ入稿を原則としています。完全データとは、印刷するにあたっての不備が無く、そのまま印刷できるデータのことです。(当社で手を加える必要のないデータです)お客様にデータを全て作成して頂き、当社では印刷・製作するのみという印刷通販システムのため、よりお安い価格で提供できます。
お客様からの入稿データは、全てかさまーとスタッフによるデータチェック作業を行ないます。この時にデータ不備があった場合は、お客様にデータ修正を依頼し、再入稿して頂く必要がある為、納期が遅れてしまいます。
でもご安心ください!おまかせ!データ修正サービスならそんな問題も解決できますよ。

対象項目の修正はおまかせ下さい。

対象内のデータ不備があった場合、当社で手直しすることによって、お客様に再入稿頂くことなくスムーズに印刷へ進めます!
たとえば、白版データの色設定が特色設定ではなく、プロセスカラーになっていた場合、弊社にて特色設定へ修正する手直しを行ないます。
ご注文後、マイページよりデータを入稿する際に、「おまかせ!データ修正サービスを希望する」にチェックを入れてお申し込みください。データ作成に自信がない方や納期に余裕がない方におすすめです。
詳しくはおまかせデータ!修正サービスのページをご確認下さい

確認用PDFでの確認は大切

お客様のデータに手を加えさせていただきますので、お客様のイメージと違う仕上がりとなってしまう可能性がございます。当社からお送りする確認用の校正データの内容をよくご確認いただくことをお願いいたします。

カラーチャートは無料

色校正後、色味を調整されたい場合はお客様でデータ修正いただき、再入稿ください。その際、色調整内容やデザイン変更点をご教示ください。
またホームページより無料でサンプルをご請求できますが、サンプルセットの中にカラーチャートを同封させていただいています。このカラーチャートには約2,000通りの色見本が集約されていますので、色味の参考にしていただけます。

ページの上部へページの上部へ

まとめ:画面の色と印刷結果が違う!色校正を行う意味
①モニタで見るのと印刷されたクリアファイルとでは色の見え方に違いがある
②色校正では大量印刷前に色味の確認ができる
③無料サンプルのカラーチャートでも色味が確認できる

ページの上部へページの上部へ