ノベルティ作成の見積もりを取る前に考えるべき事項3点

【創業明治8年】オリジナル印刷・作成ならクリアファイルのかさまーと
9:00〜17:30 土日祝除く
(076)275-8877
メールは24時間受付
info@kasamart.jp

ノベルティ作成の見積もりを取る前に考えるべき事項3点

ノベルティは顧客に自社や商品をPRする他、愛用してもらうことで長期的な販売促進効果なども期待できます。

  • ・ノベルティ作成の前に決めておくべきこと
  • ・手元にほしい日付を決めるときの注意点
  • ・かさまーとのノベルティが選ばれる理由

ここでは、上記3つのポイントを中心にノベルティ作成の見積もりをスムーズに取れるよう、事前に考えておくべき事項についてご紹介します。

ノベルティ作成の見積もりを取る際に決めておくべき事項とは

ノベルティを用意するうえで重要なことは、予算内でいかにイメージどおりのアイテムを作成できるかどうかです。

満足の行くノベルティ作成のために、業者に見積もりを取る前に決めておくべき事項は、大まかに分けると以下の3点があげられます。

  • ・どのような販促効果を期待するのか
  • ・配布するターゲット層はどこか
  • ・いつまでにノベルティを納品してほしいか

 

これらの事項が決まっていなければ途中で注文品や金額が変わり、結局、再見積もりをすることになってしまいます。

見積もりに日数を要してしまえばノベルティ作成に割ける時間が削られ、予算が足りたとしても想定していたアイテムやデザインを選べなくなってしまうこともあります。

 

デザイン段階で手触りや色の見え方にこだわったものが、納期の関係で中途半端なものに仕上がると、期待できる販促やブランディング効果も半減しかねません。

思い描いたとおりのデザインで十分な量のノベルティを作成するためには、スケジュールを滞りなく進行させられるよう、前述した3つの事項という指標が必要です。

 

上記3つの事項について、それぞれ詳しく説明していきます。

どういった効果を期待するノベルティなのかを決める

ノベルティを配布することで得られる効果として「認知度・ブランド価値の向上」「見込み顧客の獲得」「商品の販売促進」などが考えられます。

それぞれの目的によってノベルティを作る際に重視するポイントが変わってくるため、作成前にどのような効果を期待するものなのかを決めましょう。

 

「商品の販売促進」であれば、ノベルティを付帯させる商品と合わせて使えるアイテムが喜ばれます。
よく見かける例は、コンビニのペットボトル飲料に飲料用ケースがセットされたものなど「その場で開封して、すぐに活用できるアイテム」です。

 

近年はファッション業界を中心に布マスクを販売する企業が多く、ペットボトル飲料の例と同様に、すぐ使えるノベルティとしてマスクケースがあげられます。内側に抗菌加工が施されているタイプなら、その場限りではなく安心して長く愛用してもらえるでしょう。
抗菌マスクケース

また、展示会などでの見込み顧客獲得目的であれば、資料を挟み込めるクリアファイルのノベルティにすることで、実用性をあげることができます。

ただし単純なクリアファイルでは、検討段階にある顧客が相談を希望するとき、大量の資料の中から担当者の連絡先を探すのに手間がかかってしまう可能性があります。

名刺ポケット付きクリアファイルなら、担当者の名刺をあらかじめ挿入して配布できるため、顧客の取りこぼしを防げるでしょう。

ノベルティを配るターゲット層を決める

ノベルティに期待する効果が決まったら、次は配布するターゲット層の絞り込みです。

作成するノベルティは男性向けなのか女性向けなのか、または企業担当者に向けたものなのか、配布する相手によってデザインが変わってきます。

 

企業担当者に向けたものは、オフィスで活用できるステーショナリーが定番です。

 

エコ活動を積極的に行っている企業を主なターゲットとする場合は、通常のクリアファイルではなく、たとえばストーンペーパーを使用したファイルはいかがでしょうか。

石を素材にしているため森林の伐採やプラスチックの乱用を避けることができ、更に耐久性もあるためオフィスで長く愛用してもらえるでしょう。

他にはプラスチック素材を100%再利用した「クリアファイル 高透明エコ」や、紙製の「エコペーパーファイル」などに「プラスチック再利用100%表記のエコマーク」を入れる事も可能です。

 

エコマーク

このように、ターゲットを絞り込むことで最適なノベルティが自然と思い浮かぶものです。

ただし作成するデザインや形状によっては対応できる企業が限られることもあるため、事前に配布対象を決め、特殊な加工が必要ないかを確認すべき点に注意してください。

ノベルティが手元にほしい日付を決める

最後に、発注してから何日後に手元にほしいのか、納品希望日までに何日あるのか計算しましょう。

 

ノベルティ作成の場合、多くは発注してから何日後に発送・納品するかによって金額が変わります。

もちろん、発注から発送までの日数に余裕があるほど金額は安くなり、大量発注が可能となります。

 

注意点として、デザイン重視のノベルティの場合はスムーズに発注へ漕ぎつけるとは限らないことがあげられます。

デザイン作成や細部の修正、決定から入稿までの日にちを考慮した上で、発注日と受け取りまでの期間を計算することが大切です。

 

また、台風や大雪など天候の影響を受けやすい時期は、運送会社の遅延による影響も考慮して余裕を持ったスケジュールを組むと安心です。

スケジューリングが不安な場合は、ノベルティ作成を依頼する会社の担当者へ相談することをおすすめします。

 

かさまーとでも大量発注や仕様についてのご質問、納期などさまざまなご相談を受け付けております。
クリアファイル作成

ページの上部へページの上部へ

期待する販促効果やターゲット層から、見積もりを取る商品を決めよう

ノベルティとひと括りに言っても、期待する効果やターゲット層によって作るべきノベルティは変わってきます。

また、せっかく作成しても日常的に視界に入るところに置いてもらえなければ、期待したような効果は得ることができません。

 

ターゲットとして考えている層が、どのようなノベルティであれば日常的に使ってくれるのか考えた上で、見積もりを取るノベルティの商品を決めましょう。

 

たとえば多くの資料や契約書を日常的に取り扱うターゲットに対しては、通常のクリアファイルよりもポケットや仕切り、インデックス付きのものが喜ばれます。

先に挙げた「どのような販促効果を期待するのか」「配布するターゲット層はどこか」「いつまでにノベルティを納品してほしいか」を念頭に、自社に最適なノベルティを見つけてください。

ページの上部へページの上部へ

クリアファイル・マスクケースのご相談は「かさまーと」へ

デザイン性と機能性を両立させた高品質なクリアファイルやマスクケースの作成は、ぜひ「かさまーと」へご相談ください。

かさまーとのオリジナルクリアファイルは、以下の理由によって多くの方に選ばれています。

  • ・創業1875年の老舗による確かな技術
  • ・バリエーション豊富なメニュー
  • ・Japan color認証制度取得で安心のカラー印刷
  • ・価格表にない発注量にも柔軟に対応

 

明治時代に創業して以来、かさまーとは印刷のプロとして確かな技術と知識を磨いてきました。

老舗ながら常に新技術への探求心を忘れず、他社では難しい特殊素材への印刷も積極的に取り入れ、さまざまな手法でデザインの魅力を最大限に引き出します。
Japan color認証制度取得によりカラーの再現度の高さも保証されているため、こだわりのデザインも安心してご利用いただけます。

 

近年は多くの方が気にかける衛生用品(マスクケース)の清潔さも、抗菌加工をしっかりと施すことで安心して配布できるノベルティを提供しております。
「抗菌性・安全性・適正表示」の3つの基準をクリアした抗菌商品にのみ表示が許されたSIAAマークの印刷が可能なため、しっかりとPRできるでしょう。

 

価格表にない発注量にも対応しており、ウェブサイトに掲載している商品・発注量は、会員登録後はいつでも「WEB自動見積」で24時間見積もり可能です。

まずはお気軽に、気になっている商品のお見積もりをお試しくださいませ。
 

データ作成代行サービス

ページの上部へページの上部へ