ノベルティのデザインを提案してもらう際に準備が必要なものとは?

【創業明治8年】オリジナル印刷・作成ならクリアファイルのかさまーと
価格満足度No.1
9:00〜17:30 土日祝除く
(076)275-8877
メールは24時間受付
info@kasamart.jp

ノベルティのデザインを提案してもらう際に準備が必要なものとは?

オリジナルデザインのノベルティを作りたいと思っていても、自力でデザインを作成することができずに悩んでいる、という方も多いのではないでしょうか。
そのようなときは、専門業者のデザイン作成代行サービスがおすすめです。

 

かさまーとでもデザイン作成代行サービスは提供しておりますので、ぜひご利用ください。

 

  • ・ノベルティのデザイン作成代行は電話だけでできる?
  • ・デザイン作成代行の申し込みに必要はものはある?
  • ・デザイン作成代行サービスに申し込むときの注意点とは

ここでは、これら3つのポイントを中心にノベルティのデザイン作成代行サービスの利用方法についてご紹介します。

ノベルティのデザイン作成代行依頼時に必要なものとは

ノベルティのデザイン作成代行は、印刷会社などの専門業者で依頼できます。
プロのデザイナーに依頼するよりも安価で依頼できるメリットがありますが、専門業者によってはサービス自体をおこなっていないことがあるため、事前確認をおすすめします。

 

デザイン作成代行を依頼する際に必要なものは、以下の通りです。

  • ・デザイン指示書
  • ・ロゴや写真のデータ
  • ・レイアウト指示書

 

専用の申し込み用紙が用意されていない場合は、オフィスソフトなどで自由に作成できます。
以下の項目で、それぞれ詳しく説明していきます。

デザイン指示書を事前に作成しておく

デザイン指示書は、漠然としたイメージをデザイン担当者と共有して、形にするための素案です。

 

具体的には、以下の項目を中心に指示書を作成します。

  • ・希望商品、枚数
  • ・透けさせたい部分があるか(白版をいれるかどうか)
  • ・入れたい内容、文字やイメージ
  • ・強調したい箇所や指定色など

 

文字やデザインの配置については、以下で解説するレイアウト指示書で詳しく記入するため、指示書では必要な情報を整理させることを意識してください。
どのようなノベルティを何のために作成するのか、必要となる数量はどの程度か、依頼主とデータ作成担当者が共通したイメージを持てるよう、分かりやすくまとめることが大切です。
 
例えば「スタイリッシュな感じで」「女子受けする感じで」と、漠然としたイメージのみの指示書は、トラブルが生じやすいため避けましょう。
クリアカード

 

また、クリアファイルやマスクケースなどPP(ポリプロピレン)素材を使用したものは基本的に透け感のあるデザインとなるため、絵柄をはっきりさせたい場合は「白版」が必要です。
透けさせたい部分と透けさせたくない(白版を入れる)部分がある場合は、白版の有無も指示します。

 

絶対に入れたい文字や絵柄のイメージ、強調したいポイントや指定色の有無も記載しましょう。(特色印刷を取り入れる場合は、別途お問い合わせが必要です)
デザイン指示書などの書類は見積もりの参考ともなるため、依頼前には上記をまとめたデザイン指示書を用意しておくとスムーズでしょう。

デザインに使用するロゴや写真のデータを用意しておく

デザインに使用したいロゴや写真があれば、こちらも書類と同じタイミングで事前に準備してください。

 

なお準備する画像の画質が粗かったりサイズが小さいと、完成時にその箇所だけきれいに印刷できない原因となります。
画像は十分なサイズがあり、圧縮していない画質が良いものかを事前に確認しておくことが重要です。

 

自社オリジナルのキャラクターの場合は問題ありませんが、他社のキャラクターやダウンロードサイトの素材を使用する場合は注意が必要です。
著作権があるものは事前に所有者へ使用許諾を取り、ダウンロードサイトの素材は商用利用できるかの確認を忘れずにおこないましょう。

 

フリー素材と書かれていても「著作者名を表記のうえ使用」や「非営利利用のみ」と条件が限られていることも多いため、必ず利用規約を確認することをおすすめします。

WordやExcel、手書きでレイアウトを決めておく

見積もり依頼前に作成しておくべき書類として、レイアウト指示書も挙げられます。
レイアウト指示書とは、デザイン指示書の内容を盛り込みつつ、より具体的に案を固めたものです。

 

手書きの図表や文章で良いので、どういったレイアウトのデザインにしたいかをまとめたものを準備してください。

 

繊細なデザインを描くのではなく、「どの位置にどの画像を配置するか」「どのように文字を配置するか」「デザインにどんな加工を施したいか」などの要望を図で分かりやすく記します。

 

例えば、以下の例が挙げられます。

  • ・写真を中央に配置したい
  • ・写真の四隅(角)は丸くしてほしい
  • ・写真の周りは一色で塗りつぶしてほしい
  • ・周りは透け感のあるデザインで、写真部分は透けないでほしい
  • ・店舗のロゴを裏面の左下あたりに配置したい
  • ・文字は「HAPPY ANNIVERSARY」を写真下に入れたい
  • ・文字のフォントは「○○」にしたい

クリアファイルなど透明のPP素材に印刷するノベルティを作成する場合で、一部の絵柄や文字だけを透けないように処理したい方は、白版を作成する部分も明確に指定しましょう。
特にフォントによってイメージは大きく変わるので、○○に使われているフォントといった形でイメージと近いものを提示していただくのがおすすめです。

 

手描きイラストや手描き文字を使用しての作成も可能ですが、データで各種書類を受け付けている専門業者に提出するのであれば、あらかじめデータ化しておく必要があります。

 

かさまーとではスピーディーに対応できるよう、メールにてデータをお送りいただいた後、担当者が丁寧にヒアリングをおこなってイメージの共有をしておりますのでご安心ください。

ページの上部へページの上部へ

「データ作成代行サービス」を利用する際の注意点

データ作成代行サービスを利用する方の多くが、イメージどおりに仕上がるか不安に感じているでしょう。
ノベルティのクオリティを上げるためには、サービスを利用する前の準備や依頼時の一工夫が重要です。

 

安心してデータ作成代行サービスへ任せられるよう、最後にサービス利用時の注意点をご紹介します。

見積もりと実際の作業内容が乖離しないように

上に上げた準備物(デザイン指示書・写真などのデータ・レイアウト指示書)があるかどうかで、見積もり時に金額は大きく変わります。

 

入れて欲しい写真やイラストは最適なファイル形式で用意できているか、作業内容はどこまでの範囲なのかなど、用意できる準備物とその内容を参考に見積もりをおこないます。
例えば基本のデザインができていて白版の作成のみを依頼したい場合と、いちからデザイン作成を依頼したい場合とでは、作業時間も異なるため金額は大きく変動するでしょう。

 

また、見積もりのときは準備するといっていたのに実際には準備できないとなった場合、金額も納期もズレる原因となります。
特に提出する画像関係でこういったトラブルが起きがちです。

 

印刷しても粗くならない画像が準備できるかどうかを、事前にしっかりと確認しておきましょう。

印刷物の色を確かめたいのであれば色校正オプションを

パソコンの画面で確認する場合と実際に印刷した場合は、色が若干異なって仕上がります。
これはパソコンと印刷で色の表現方法が異なるためです。

 

  • ・パソコン画面はRGB(赤・緑・青)の組み合わせ
  • ・印刷はCMYK(シアン・マゼンタ・イエロー・ブラック)の組み合わせ

このように、使用している色の種類や数が違うため、同じデザインでも印刷してみると色味に違和感を覚えることがあります。
 
また、クリアファイルなど光沢のあるものに印刷した場合は、光沢や素材の影響も加わります。
 
「イメージと違う」とならないためには、色校正オプションで発注前に印刷物の色を確認しましょう。
かさまーとでは、オプションにてオンデマンド印刷で簡易的な色校正をおこなうほか、実際に使用する印刷機と素材での本機本紙色校正も可能です。

ページの上部へページの上部へ

低価格高品質のノベルティをお探しなら、かさまーと

オリジナルノベルティで実用性と高品質を両立させるコツのひとつは、経験豊富な専門業者へ依頼することです。
同じノベルティを作成する場合は、サービスを導入したばかりの業者よりも長年実績のある業者のほうが安心して任せられます。

 

作業工程を熟知しており、独自の仕入れルートとコスト削減のノウハウを持っている分、高品質なものを安価で作成できる点も大きなメリットです。
最適な専門業者への依頼によって、低価格かつオリジナリティのあるノベルティを高品質で作成できれば、安価でも最大限のブランディング効果となります。

 

低価格かつ高品質で実用性の高いオリジナルノベルティをお探しの方は、ぜひ「かさまーと」へお任せくださいませ。
弊社は明治時代に創業した老舗であり、145年以上にわたって印刷のプロとして多種多様な素材を取り扱うことで、確かな技術と知識を磨いてきました。

 

デザインの要となる色の再現度も、Japan color認証制度取得により高い技術力が評価されており、高級志向のブランド様やアーティスト作品も安心してご依頼いただけます。
独自の仕入れルートと素材の大量発注によって、高品質の素材ながら低価格を実現しており、印刷・加工におけるご要望にも柔軟に対応しております。

 

ウェブサイトに掲載している商品はすべて、会員登録後はいつでも「WEB自動見積」にて、24時間見積もり可能です。
デザイン作成代行サービス以外にも、「特色でロゴを入れたい」「価格表にない量を発注したい」など、気になることは何でも電話やメールにてご相談ください。

 

ページの上部へページの上部へ