実用性の高い、夏におすすめの販促グッズまとめ

【創業明治8年】オリジナル印刷・作成ならクリアファイルのかさまーと
価格満足度No.1
9:00〜17:30 土日祝除く
(076)275-8877
メールは24時間受付
info@kasamart.jp

実用性の高い、夏におすすめの販促グッズまとめ

夏はイベントも多く、多くの販促グッズが作られる時期です。

他社よりも高い宣伝効果を得るためには、実用性が高く配布後も長期的に愛用してもらえる販促グッズを配布しなくてはなりません。

 

  • ・ノベルティはデザインと実用性どちらを優先するべきか
  • ・夏に喜ばれるノベルティの特徴とは
  • ・夏のノベルティで実用性が高いグッズとは

ここでは上記3つのポイントを中心に、夏におすすめの販促グッズについて紹介します。

おしゃれなノベルティよりも実用性の高いものを

ノベルティを作るとき、おしゃれさ・奇抜さを重視する方もいます。しかしブランドイメージが特殊でない限り、顧客層に喜ばれる可能性は低いのが現実です。

好きなブランドのノベルティであっても、使い勝手が悪ければ愛用する機会がなく、棚や引き出しに仕舞われたままとなります。

 

使用してもらえなければ、せっかくのノベルティが宣伝効果を発揮することはありません。

ノベルティ本来の目的である宣伝効果を十分に引き出すためにも、どのようなグッズを選ぶかは慎重に選びましょう。

 

幅広い層に配る場合はもちろん、常連など自社・ブランドのファンに向けて配るノベルティも、大前提として実用性の高さを重視しましょう。

奇抜さを演出したいのであれば、年間を通して使用できる商品の他に、セールやイベントに合わせて季節商品を取り入れる方法もおすすめです。

 

季節に合ったノベルティ配布が毎年恒例となれば、宣伝効果に加えて熱心なコレクターなどファン獲得にもつながります。

ここでは実用性が高く、夏の販促グッズとしておすすめのノベルティを紹介します。

ページの上部へページの上部へ

夏に人気のおすすめノベルティを紹介

夏に配布するノベルティは、見た目も涼しいデザインのものが喜ばれる傾向にあります。

更に実用性もあれば配布直後だけではなく帰宅後も家庭や職場、学校などで長く使ってもらえるため、長期的な宣伝効果も期待できるでしょう。

 

特におすすめのノベルティは、次の3つです。

水にも強い透明うちわ

夏のイベント会場などは熱中症リスクが高いため、お客様に少しでも涼んでいただけるノベルティを用意したいところです。
定番ノベルティとしてあげられるのが、かさばりにくく大量に製作できる「うちわ」です。
 
夏の野外イベント会場など、その場で使用してもらいやすいシーンで配布すれば、即効性のある宣伝効果が期待できます。
ただし単純な紙製うちわではインパクトにかけるうえ、イベント内容によってはお客様の汗や雨などで即座に使い物にならなくなってしまいます。
クリアうちわ

 

そこでおすすめなのが、本体をまるごとPET素材で作る透明のうちわです。

透明うちわのメリットは、以下のとおり複数あげられます。

  • ・紙素材よりも丈夫
  • ・水に濡れても劣化しない
  • ・透明を活かしたデザインが楽しめる

 

紙素材の場合は痛みやすく、雨が降っていなくても使用するほどに破れ・ヨレが生じやすくなります。そのためイベント後に捨てられやすいデメリットがあります。

 

しかし、PET素材の透明うちわは丈夫で破れにくいため、気軽に持ち帰ってもらえます。

通常の使用はもちろん大量の水に濡れても破れる心配がないため、天候を気にする必要もありません。

 

かさまーとでは、手軽に作れる丸うちわと柄つきの2タイプが作成でき、更に両面へ抗菌加工を施した「抗菌クリアうちわ(柄付き)」もご注文いただけます。

 

丸うちわは柄による凹凸がないため大量搬入しても場所を取りにくく、柄つきタイプは使い勝手が良く丸うちわよりもプレミアム感を出すことができます。
うちわ本体は通常のPP素材よりも透明度の高い再生PET素材を使用しているため、植物や水など透明度の高さを活かしたデザインと相性が良いのが特徴です。
 
白いインキを重ねることで印刷部分の透明度を抑えられるため、アイドルやキャラクターの顔などをデザインに盛り込んだノベルティにもおすすめです。
PP丸うちわ

「抗菌クリアうちわ(柄付き)」の詳細はこちら:https://www.kasamart.jp/item/bagcase/uchiwa/13828/

ドリンクのオマケにPPコースター

夏限定のドリンクメニューを開発したり、イベントなどで屋外にドリンクスタンドやキッチンカーを設置したりするときは、PPコースターのノベルティが最適です。

 

PPコースターは、通常の紙製コースターではなくPP(プリプロピレン)素材を使用していることが特徴です。

PPコースターのメリットとして、以下の3つがあげられます。

  • ・丈夫で破れにくい
  • ・持ち運びやすいサイズ
  • ・コレクター性がある

 

PP素材で作られたコースターは、紙と違って水濡れに強く、結露ができるような冷たいドリンクの下に敷いても破れる心配がありません。
汚れてもサッと拭くだけで済むうえ、ごく小さなサイズのため、屋外のイベント会場で配布しても持ち帰ってもらいやすいのがメリットです。
 
近年は男女問わず小さ目のバッグを持ち歩く方も多く、大きなノベルティは荷物になるからと持ち帰ってもらえない場合もありますが、コースターサイズなら高確率で受け取ってもらえます。
コースター

 

また、コースターサイズのグッズをコレクションできる専用ファイルなどが百均でも販売されているため、イベント内容に応じて複数の種類を用意する方法もおすすめです。

複数の種類を作成して顧客のコレクター心をくすぐると、再来店につながります。

 

かさまーとでは通常、PPコースターの素材に白色のPP素材を使用していますが、要望に応じて透明のPET素材で作成することも可能です。

透明のPET素材は涼し気な写真やイラストによく合うため、ご興味がおありの方はぜひご相談くださいませ。

PPコースターの詳細はこちら:https://www.kasamart.jp/item/others/coaster/4046/

イベントの記念としてチケットホルダー

夏のイベントと言えば、音楽フェスなどチケットを要するものも数多く開催されます。

電子チケットが普及しているイベントもありますが、紙のチケットもまだまだ現役のため、記念品あるいは予約特典としてチケットホルダーをプレゼントしてはいかがでしょうか。

 

チケットホルダーを作成するメリットは、以下のとおりです。
・PP素材で水からチケットを守る
・さまざまなサイズ・タイプから選べる
・夏以外の季節でも愛用してもらいやすい
 
チケットホルダーはPP(ポリプロピレン)素材を採用しているため、水に弱い紙製チケットを雨などから守ってくれます。
チケットホルダー

 

夏休み期間に開催されている野外イベントの場合は、入場のために多くの参加者がチケットを握りしめたまま列に長時間並ぶことが珍しくありません。

突発的な雨が降ったり汗で手が濡れたりしていても、チケットホルダーに収納しておくとチケットの印字面がボロボロにならずに済みます。

 

また、かさまーとのチケットホルダーの特徴は、用途に合わせてさまざまなサイズ・タイプが選べることです。

大容量のW225×H155mmサイズから持ち運びやすいW70×H150mmサイズまでご用意しており、コストを抑えた大量印刷もご依頼いただけます。

 

間口を広く開けられるタイプもあれば、左右に分けて収納できるダブルポケットタイプもあり、チケット以外の収納アイテムとしても愛用してもらいやすいノベルティです。

 

イベントの多さでいうと夏のノベルティとしておすすめですが、年末などもイベントが集中しやすいため、年間を通して愛用してもらえるでしょう。

毎年開催する定番イベントであれば、来年以降も長く利用してもらえる可能性があります。

ダブルポケットのチケットホルダーの詳細はこちら:https://www.kasamart.jp/item/case/ticketholder/4102/

ページの上部へページの上部へ

夏の販促グッズをお探しならかさまーとへ

夏の販促グッズは、実用性に加えて受け取った側が涼しさを感じるデザインのものを提供すると喜ばれます。

そのため、今回紹介したような透明感のあるグッズが特におすすめです。

 

PP素材や再生PET素材は水濡れにも強く、天候が変わりやすい夏場でも破れにくいメリットもあります。

 

かさまーとでは、上記以外にもさまざまなPP(ポリプロピレン)や再生PET素材を使用した透明グッズをご用意しております。

ノベルティ選びや印刷に関するご相談も随時受け付けているため、まずは一度お問い合わせくださいませ。

 

弊社は明治時代の創業より145年以上の長きにわたり、印刷のプロとして確かな技術と知識を磨いてきました。

演出を左右する色の再現度も、Japan color認証制度取得により高い技術力が証明されており、写真や繊細なデザインを取り入れたノベルティも安心してご依頼いただけます。

 

ウェブサイトに掲載している商品はすべて、「WEB自動見積」にて、24時間いつでも無料で見積もり可能です。

 

「仕様について相談したい」「価格表にない数量を注文したい」という方も、メールやお電話で直接対応させていただきますので、まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。
 

ページの上部へページの上部へ