小さいクリアファイルはノベルティやグッズに使える? おすすめの活用法をご提案

【創業明治8年】オリジナル印刷・作成ならクリアファイルのかさまーと
9:00〜17:30 土日祝除く
(076)275-8877
メールは24時間受付
info@kasamart.jp

小さいクリアファイルはノベルティやグッズに使える? おすすめの活用法をご提案

クリアファイルの作成を検討している方の中には、一般的なA4サイズ以外にも興味がある一方で、「実用性があるのか分からない」という方も多いのではないでしょうか。

たとえば小さいサイズのクリアファイルは、持ち運びやすいメリットがありますが、用途に迷うことも少なくないでしょう。

 

  • ・小さいクリアファイルに活用方法はあるのか
  • ・どのようなシーン・用途で喜ばれるか
  • ・小さいクリアファイルのサイズバリエーション

ここでは、上記3つのポイントを中心に、さまざまなシーンで活用できる「小さいクリアファイル」についてご紹介します。

小さいクリアファイルの活用方法

クリアファイルはノベルティやグッズの定番アイテムですが、多くの方が想像するのは一般的なA4サイズ(書類の保管に最適なサイズ)でしょう。

A4サイズのクリアファイルが高い汎用性で喜ばれやすいように、実は小さいクリアファイルもシーンや用途を選ぶと非常に喜ばれる商品となります。

 

小さいクリアファイルの活用方法として、この項目では4つのパターンをご紹介します。

経理向けのノベルティとして展示会で配布

小さいクリアファイルの中には、文庫本やポーチ程度の小ぶりなサイズもあるため、領収書やレシートなど小さい紙類をまとめる際に便利です。

 

一般的なA4クリアファイルでも領収書などは保管できますが、大きすぎると持ち運んでいるうちに隙間から滑り落ちたり、中身が動いて持ち運びにくかったりとデメリットも生じます。
あえて小さいサイズで用意することで、中身を落とすことなく運んでもらえるうえ、中身に対してスペースが余ることがないため持ち運びに煩わしさを感じることもありません。
 
また、小さいサイズであれば領収書などをまとめた後にA4サイズのクリアファイルにまるごと収納するなど、大きいアイテムと組み合わせて活用することも可能です。
そのため領収書やレシートなどを日常的に取り扱う経理担当者を対象としたサービス・商品の展示会に、ノベルティとして配布する方法がおすすめです。
経理向けのノベルティ

観光地での拝観券・パンフレットをまとめるグッズに

小さいクリアファイルの特性(小さい紙をまとめられる点)を活用すると、観光地でのPR用ノベルティやご当地限定グッズにも最適です。

 

たとえば動物園や神社仏閣、城郭など、多くの有料施設が手のひらサイズのチケットやリーフレット、パンフレットを用意しています。

小さいクリアファイルであれば、かばんに入れやすいサイズのため、観光地のパンフレットや入場券・拝観券などをきれいに持ち帰ってもらえます。

 

かさまーとでは、封入物が落下しにくい「内側ポケット付きクリアファイル」にも小さいサイズ(A6・B6)をご用意しております。
内側の両サイドにポケットが付いている形状のため、開き部分が内側に位置し、小さく薄いチケット類をうっかり落とす心配もありません。
 
また、広げると表紙と裏表紙が1枚絵として楽しめるため、観光地のマップや交通情報をデザインに盛り込むと、水に強いガイドマップとして雨の日も活用してもらえるでしょう。

内側ポケット付きクリアファイル

ライブなどのチケット購入の特典として

ライブの前売り券の特典として、小さいクリアファイルを付ける方法も効果的です。

 

小さいクリアファイルはライブチケットの保管にも適したサイズ展開のため、チケットケースとして使ってもらうことで、何度もライブに行こうというきっかけづくりになります。

 

ライブごとのテーマに合わせて毎回異なるデザインで作成すれば、ファンのコレクター心をくすぐってくれるはずです。

あるいはメンバーごとに複数種類を作成してランダム配布を行い、自由に交換できるようにすると、ファン同士の交流のきっかけにもなります。

 

ユニットやバンドのロゴのみを入れたシンプルなものを、会場限定販売のグッズに加えても良いでしょう。
 

ちなみに、かさまーとでは小さいクリアファイルのほかに、よりチケットの整理や保管に最適な「チケットケース」もご依頼いただけます。

W70×H150mmと一般的なチケットサイズに最適な大きさで、持ち運び用ケースとしてはもちろん、記念のチケットを飾るフレームとしてもおすすめです。

 

チケットケースには中身の出し入れでデザインの変化を楽しめる「マジックチケットケース」も用意していますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。
チケットケース

美術館でポストカードと一緒に買えるグッズとして

小さいクリアファイルの中には、ポストカードや写真の保管に最適なサイズもあります。(サイズの詳細については後述しています)

もちろん、美術館の物販コーナーで販売されている展示品の写真を使用したポストカードにも合う大きさです。

 

ポストカードコレクション用のクリアファイルとして販売するほか、ポストカードを特定枚数以上、購入していただいた来場者の方にプレゼントしても喜ばれます。

 

企画展ごとに作成してデザインのバリエーションを増やしたり、額縁のようなデザインにしてポストカードを実物の絵画のように飾れるようにしたりと、活用方法は様々です。

ページの上部へページの上部へ

かさまーとで取り扱っている、小さいクリアファイル

かさまーとで取り扱っているクリアファイルのサイズバリエーションは、以下のとおり7タイプです。

  • ・B6
  • ・B5
  • ・A6
  • ・A5
  • ・A4
  • ・A3
  • ・上記以外(定形外など)

 

公的書類やオフィスで使用するA4サイズが一般的で、近年は書類を半分に折って持ち運びやすいA5サイズ(A4サイズの半分の大きさ)も人気です。

上記のサイズバリエーションのうち、小さいサイズのクリアファイルにあたるのは、A6・B6です。

 

以下の項目では、A6・B6サイズに汎用性の高いB5サイズも加え、3種類それぞれのサイズや特徴についてご紹介します。

A6クリアファイルのサイズと厚さ

A6クリアファイルは、A4サイズを4等分した大きさです。

具体的なサイズや、かさまーとで取り扱っている商品の厚さ、大きさの目安は以下のとおりです。

A6クリアファイルのサイズ 厚さ 特徴
W110×H157mm 0.2mm 写真やハガキの保管に最適なサイズ

 

写真の主流サイズであるL判の大きさがW89×H127mm、一回り大き目のKGサイズがW102×H152mmです。

また、ハガキの大きさはW100×H148mmが一般的です。

 

写真やハガキを収納すると、ちょうどA4クリアファイルに書類を挟みこんだときのように余白部分が若干ある程度です。

そのため四隅がはみ出して汚れたり破れ・シワが出たりする心配がありません。

 

厚みは市販されているクリアファイルでも採用されることの多い、0.2mm厚をかさまーとでもご用意しています。

小ロットに最適なオンデマンド印刷(10枚から可能)や、ダブルポケット付きタイプもご注文いただけます。

 

余談ですが、GWなど夏休み前の子供向けイベントでもA6クリアファイルの配布がおすすめです。

ラジオ体操カードのカバーとして活用できるため、「うちの子はすぐにラジオ体操カードをボロボロにしちゃう」とお困りの保護者の方に喜ばれます。

 

ラジオ体操カードを収納して、まとめて一か所にパンチで穴を開けて紐を通すと、スタンプを押すときだけカバーをずらして、その後はクリアファイルで保管することができます。

A6クリアファイルの詳細はこちらをご覧ください

B5クリアファイルのサイズと厚さ

B5クリアファイルは、子供の学習ノートや漫画雑誌と同じ大きさの書類を収納することに適したサイズです。

具体的な大きさと、かさまーとで取り扱っているB5クリアファイルの厚さは以下のとおりです。

B5クリアファイルのサイズ 厚さ 特徴
W193×H271mm 0.2mm 学校のプリントや雑誌の切り抜きの保管におすすめ

 

学校でも保護者向けや願書関連などはA4サイズの書類を配布することがありますが、子供の学習用に配布されるプリント類はまだまだB5サイズが主流です。

 

B5サイズのプリントはノートとまとめて保管しやすく、ランドセルにも折れずに入るメリットがあります。

しかし、子供の失敗で「ノートの間に挟んでいたプリントの端が破れた」「ぐちゃぐちゃに折られたプリントが机の奥から出てきた」という話は多いものです。

 

B5クリアファイルがあれば、端が破れたり、知らないうちに教科書やノートで押し込んで机の奥で折れ曲がったりすることなくプリントを保管できます。

子供用として活用するほか、B5クリアファイルは雑誌の切り抜きや切手シートを保管するのにも最適です。

 

B5クリアファイルも10枚からの小ロット発注が可能なオンデマンド印刷と、ダブルポケット付きのタイプもご用意しています。

B5クリアファイルの詳細はこちらをご覧ください

B6クリアファイルのサイズと厚さ

B6クリアファイルはB5サイズの半分の大きさです。

具体的なサイズと、かさまーとで取り扱っている厚さは以下のとおりです。

B6クリアファイルのサイズ 厚さ 特徴
W135×H192mm 0.2mm 文庫本サイズの資料を印刷する機会が多い方向け

 

身近なもので言うと、大き目のコミック単行本(W128×H182mm)が最も近く、新書(W103×H182mm)と文庫本(W105×H148mm)のサイズにも対応できる大きさです。

学生や調べものが多い職業の方は、こまかな資料の整理に活用できます。

 

通販時に商品と同梱されて届く、一般的な払込用紙(W114×H180mm)のサイズとも相性が良いため、通販を利用してくれたお客様へのノベルティとしてもおすすめです。

払込用紙のQRコードやバーコードから直接オンライン決済をする方も増えてきましたが、まだまだ「領収証が欲しいからコンビニや郵便局で支払う」という方は多いものです。

 

そのまま持ち歩くと個人情報が見えたり風に飛ばされそうになったりするうえ、かばんに入れれば折れ曲がるリスクがありますが、クリアファイルがあれば問題なく持ち運べます。

 

かさまーとでは、B6クリアファイルも小ロット発注可能なオンデマンド印刷や、ダブルポケット付きのタイプをご用意しています。

B6クリアファイルの詳細はこちらをご覧ください

ページの上部へページの上部へ

キレイな色のオリジナルグッズを作るなら「かさまーと」

小さいサイズのクリアファイル印刷は、実は繊細な機械操作が必要なため、印刷を受け付けている専門業者は多くありません。

クリアファイル印刷を売りとしている専門業者のほとんども、小さくてA5サイズ程度までの対応です。

 

B6やA6サイズなど小さいクリアファイル印刷をご希望の方は、ぜひかさまーとにお任せください。

弊社は明治時代に創業してから145年以上、印刷のプロとして確かな技術と知識を磨いてきました。

 

カラーの再現度の高さはJapan color認証制度取得により客観的に保証されているため、小さいサイズのクリアファイル印刷も安心してご依頼いただけます。

印刷を行うクリアファイル本体も、高品質のものを大量購入することで他社に負けない低価格を実現しております。

 

ウェブサイトに掲載している商品はすべて、会員登録後はいつでも「WEB自動見積」にて、24時間見積もり可能です。

「まずは色校正で仕上がりを確認したい」「料金表にない数量を発注したい」という方は、メールやお電話で直接対応させていただきますので、まずはお気軽にご相談くださいませ。
 

ページの上部へページの上部へ