もらって嬉しいと思われる高級感のあるノベルティを作るコツとは

【創業明治8年】オリジナル印刷・作成ならクリアファイルのかさまーと
9:00〜17:30 土日祝除く
(076)275-8877
メールは24時間受付
info@kasamart.jp

もらって嬉しいと思われる高級感のあるノベルティを作るコツとは

喜ばれるノベルティを作る第一のコツは実用性を重視することですが、配布目的やブランドによっては高級感も同様に重視しなくてはなりません。

 

  • ・ノベルティに高級感が求められるシーンとは
  • ・高級感を出すノベルティ作りのコツとは
  • ・高級感のあるノベルティの具体例

ここでは、上記3つのポイントを中心に「もらって嬉しいと思われる、高級感のあるノベルティ」を作るコツについてご紹介します。

高級感のあるノベルティが喜ばれるシーンとは

高級感のあるノベルティは実用性重視のものと比べると、配布する場面や場所を選びます。
展示会といった不特定多数へ配布する場面よりも、特別なイベントや大事な顧客に対して配布するほうが効果的です。

 

例えば、下記のような場面が想定されます。

会社の周年記念品や創業記念品

会社の創業・設立を祝う周年記念イベントでは、長年使えるような高級感のあるノベルティが喜ばれます。

 

実用性を重視して文房具系を送る場合も、通常とは異なる特殊加工や高級素材を使用したデザインにするだけで、高級感や特別感が演出できます。
周年イベントは、改めて社員の方に会社の理念やビジョンを共有する良い機会です。

 

そのような節目には、特別な商品・デザインに企業のロゴや「○周年記念」と名入れしたノベルティを贈りましょう。

商品やサービス成約時のプレゼント

あなたの会社が高額な商品・サービスを販売されているのであれば、成約時のプレゼントとして高級感のあるものを贈ると喜ばれます。

 

ノベルティを贈る顧客の性別・年代によっても喜ばれるものが変わりますので、選べるように複数種類用意しておく方法もおすすめです。
例えば同じアイテムやデザインでも、本体の色や印刷色を数パターン作成することで顧客の幅広い好みに対応できるでしょう。

長年愛用してくれている顧客へのプレゼント

自社製品・サービスを長年愛用してくれている顧客は、大切にすべき存在です。

 

そんな顧客の記念日や誕生日にお送りするものとしても、高級感のあるノベルティはおすすめです。

 

会員登録制度のある製品・サービスであれば、わざわざ登録してまで愛用してくれる顧客はファンとも言えるため、一般客が手に入れられない特別なノベルティは喜んでもらえるでしょう。

 

既存顧客へのプレゼントとして送る場合は、会社や商品のコンセプトに関係あるものがおすすめです。
例えばエコを積極的に押し出している商品を作っているのであれば、ノベルティもリサイクル素材を作ったものにするなどの工夫が良いでしょう。

 

素材の他にも環境に優しいインクや加工を施している商品もあるため、会社全体が環境保全活動に力を入れている場合に最適です。

 

かさまーとでも、プラスチック再生率100%の再生PP(ポリプロピレン)を使用した、「エコマーク」表示が可能な商品をご用意しております。
通常のPP素材より透明度も高く、写真など繊細な色の表現に向いているメリットもあるため、ぜひお試しください。

ページの上部へページの上部へ

高級感のあるノベルティを作るコツとは

ノベルティ制作で高級感を演出する方法は、単純に「単価の高いアイテムで作る」のみではありません。

 

あまりに個性的なものはかえって実用性が低く、仮に高級ブランドのノベルティであっても愛用してもらえない可能性もあります。
最低限の実用性を確保しつつ、高級感を演出することが大切です。

 

実用的かつ一般的なアイテムで高級感のあるノベルティを作るコツとして、素材・デザインをこだわることが挙げられます。

作るコツ1:素材にこだわる

高級感のあるノベルティを作る1つ目のコツは「素材にこだわる」ことです。

 

同じアイテムでも素材次第で安っぽく見えることもあれば、高級感のある特別な品になることもあります。

 

高級感を感じやすい素材の1つが「レザー」です。
レザー素材の靴べらやキーホルダー、ボールペンなどは、男性向けの高級ノベルティとして定番と言えるでしょう。

 

近年はノートや付箋の表紙として取り入れられることもあり、身近な愛用品に高級感が欲しいという層に人気です。
シンプルなレザーアイテムに型押し(素押し)や箔押しでロゴを入れるだけでも、おしゃれで高級な印象に仕上がります。

 

また年配や外国人の方向けであれば「和紙」を使って高級感を感じてもらうこともできます。
ただし、本物の和紙は長期利用すると傷みやすく、水に弱い点に注意しなければなりません。
 
解決法として、本物の和紙を使ってもらう他に、特殊印刷で和紙の風合いを出すことも可能です。
和紙そのものを売り込むときは本物の和紙を使用するべきですが、その他の目的でノベルティ作成する場合は、できる限り長く愛用してもらえるよう、丈夫な素材を選びましょう。
 
かさまーとでは、特殊素材を使用したプレミアファイルシリーズの一種として、「なごみ(和紙系)」をご用意しております。
プレミアファイルなごみ

 
PP素材の表面に繊維質で加工を施し、独自の手触りを実現したクリアファイルです。(同仕様でマスクケースも作成できます)
本体は丈夫なPP素材のため水に濡れても破れる心配がなく、全体的に優しい風合いに仕上がります。

作るコツ2:デザインを洗練させる

高級感のあるノベルティを作る2つ目のコツは「デザインを洗練させる」ことです。

大きくロゴを印刷するなど、あまりゴテゴテとしたデザインになってしまってはカジュアルな印象が強くなり、高級感が損なわれてしまいます。
デザイン時に空白を大きく取るなどの工夫をすることで、全体的に余裕のある、洗練された印象を与えられます。

 

色使いでメリハリを出す方法もありますが、より高級感を出したいのであれば特殊な加工を施してはいかがでしょうか。
特殊印刷に強いかさまーとであれば、「きらぷくファイル(厚盛りニス+箔押し)」で文字や絵柄を金箔と立体感で目立たせることが可能です。
 
一般的な箔押しはロゴや会社名・ブランド名をシンプルに熱圧着させる程度の小さな範囲に留まりますが、かさまーとのきらぷくファイル(厚盛りニス+箔押し)は広範囲に印刷できます。
例えば全体的に星やドットを散らせたり、メインとなるモチーフを大きめに箔押ししたりできるため、ロゴのみを箔押しする場合以上にゴージャスな仕上がりとなるでしょう。
 
「きらぷくファイル(厚盛りニス+箔押し)」は100枚からの小ロットにも対応しているため、特別なノベルティとして最適です。
きらぷくファイル

 
加工で工夫する場合は、シンプルなデザインほど意外と配置やロゴの大きさ、バランス決めが難しいものです。
どういったデザインが良いか分からないという場合は、デザイン作成代行もお受けできますので、一度かさまーとへご相談くださいませ。

ページの上部へページの上部へ

特殊素材のクリアファイル作成ならかさまーとにお任せください

高級感のあるノベルティを作るときに「実用性も重視したい」「カラフルなデザインを取り入れたい」と考える方は、特殊素材のクリアファイルはいかがでしょうか。

 

幅広い特殊素材・加工に対応できるため、手触りや外観に個性のあるものはもちろん、仕掛けを楽しめるものも作成できます。

 

明治時代に創業した弊社は、145年以上にわたり印刷のプロとして確かな技術・知識を磨いてきました。
他社にはない特別な商品を、クリアファイル専門の印刷会社ゆえの高クオリティ低価格でご提供しております。

 

ノベルティ作成において重要なカラーの再現度も、Japan color認証制度取得により高い技術力が保証されておりますので、繊細なデザインも安心してご依頼くださいませ。
弊社ウェブサイトに掲載している商品はすべて、会員登録後はいつでも「WEB自動見積」にて、24時間無料で見積もり可能です。

 

「このデザインで大量発注は可能か知りたい」「価格表にない発注量を相談したい」という方は、メールやお電話で直接対応させていただきますので、いつでもお気軽にお問い合わせくださいませ。
 
クリアファイル作成

ページの上部へページの上部へ