金箔だけじゃない! 箔押しで使える色とデザインの注意点

【創業明治8年】オリジナル印刷・作成ならクリアファイルのかさまーと
9:00〜17:30 土日祝除く
(076)275-8877
メールは24時間受付
info@kasamart.jp

金箔だけじゃない! 箔押しで使える色とデザインの注意点

印刷物にちょっとした高級感をプラスできるのが、箔押しの魅力です。
従来は金箔あるいは銀箔が主流でしたが、近年はよりカラーバリエーションが豊富となっています。

 

  • ・箔押しの主な種類とは
  • ・金や銀以外の色の箔押しの特徴や注意点について
  • ・箔押しを施すうえで押さえておきたいポイント

ここでは、上記3つを中心に、箔押しで使える色やデザイン時の注意点について紹介します。

デザインによって変えられる箔押しの種類は大きく4種類

箔押しとは、専用の金属版で金や銀などの箔フィルムを熱圧着する印刷方法です。
本の表紙をはじめとした紙製品だけではなく、クリアファイルなどのプラスチック素材にも幅広く利用できます。

 

シンプルなデザインで作っても箔の独特なメタリック感、光沢が高級感を演出してくれるため、オプションとして高い人気があります。
最近は従来の金や銀以外にも箔フィルムの色の選択肢が増えており、デザインに合わせたカラーチョイスを楽しめる点も魅力です。
 

箔押しで使用される箔フィルムは、大きく分けると以下の4種類があります。
・金箔
・銀箔
・メタリック箔
・白箔
箔押しで使用される箔フィルム

 

ここでは、4種類の箔フィルムそれぞれの特徴と、印刷で使用する場合の注意点を紹介します。

「金箔」の特徴と注意点

箔押しの代表的なカラーで、華やかさと高級感が演出できるのが金箔です。
ポピュラーなため、幅広いデザインに合わせやすい色でもあります。

 

「箔押しに挑戦してみたいが、どの色が良いか分からない」と迷っている方は、まずいろんなデザインと相性の良い金箔から試してみるのがおすすめです。

 

また、印刷会社によっては通常の金箔の他に、つや消し金箔を用意しているところもあります。
中には赤みがかった金箔を採用している場合もあるため、金箔の色味にこだわりたい方は事前に確認しておきましょう。

「銀箔」の特徴と注意点

銀箔は、スタイリッシュでクールな印象のデザインと相性が良い色です。
エレガントな雰囲気にもよく合うので、クールさを重視した企業のブランディングなどにおすすめです。

 

銀箔にも金箔と同じく、つや消し銀箔など複数の種類があります。
主に光沢が異なるので、デザイン面で箔押し部分の光沢の強さにもこだわりがある場合は注意が必要です。

「メタリック箔」の特徴と注意点

メタリック箔は、赤や青など複数の色が生産されています。
金属のような光沢に色をプラスすることで、より多くのデザインを楽しめるのが特徴です。

 

注意点として、取り扱いの有無や取り扱っているメタリック箔の種類は、印刷会社ごとに大きく異なる点があげられます。

 

ちなみに、かさまーとではクリアファイルにも使用できる以下のメタリック箔をご用意しています。
・ブラック
・レッドメタリック
・ブルーメタリック
・グリーンメタリック
メタリック箔

 

ブラックは、印刷ではなかなか出せない光沢や質感が魅力的です。
レッドメタリックなどその他3色も鮮やかな色味で個性が強く、オリジナリティを重視する方におすすめです。

「白箔」の特徴と注意点

白箔はマットな質感で、濃い色のデザインの中で白い文字やロゴを際立たせたいときに最適です。
光沢は少なく、絵の具のような質感は重厚感を演出できます。

 

白箔を使用するうえでの注意点は、ベタ塗りしたデザインのうえに箔押しすると、下のデザインの色が透けてしまう場合があることです。
せっかく選んだきれいな白箔の色を邪魔してしまうため、デザイン作成時から注意しておきましょう。

ページの上部へページの上部へ

箔押しのデザインを作る際に注意するポイント

箔押しをデザインに取り入れるときは、通常とは異なるデータ作成が必要です。
データに問題があると納品スケジュールに影響を及ぼすこともあるため、必ず印刷会社が指定する作成方法を守ってください。

 

ここでは、箔押しのデザインデータを作る際に注意すべき3つのポイントを紹介します。

箔押しできないデザインを知っておく

箔押しできないデザインがあることを理解したうえで、デザインを作成する必要があります。

 

専用の金属版で箔フィルムを熱圧着する製法の都合上、以下のデザインデータを箔押しすることは不可能です。

  • ・グラデーションのあるデザイン
  • ・色の切り替え(2色刷りなど)があるデザイン
  • ・濃淡差の演出があるデザイン
  • ・透明効果がかかったデザイン

 

原則として、透明化やグラデーションなどがない、K100%などの1色でデザインしたものを用意しましょう。
かさまーとではお客様がお使いのソフトに応じて、以下のデザイン方法をご案内しています。

  • ・illustrator…テンプレートにスウォッチをご用意
  • ・Photoshop…グレースケール(K100%)で作成後【イメージ→モード→ダブルトーン(種類:1版)】で箔押しの色を指定

 

ロゴマークなど画像を利用したいときも、モノクロ2階調画像(原寸1200dpiのもの)をレイアウトした後、【イメージ→モード→ダブルトーン(種類:1版)】で箔押しの色を指定してください。
また、トラブル防止のために、使用した画像データもあわせて入稿していただいています。

かすれや潰れがでないデザインを知っておく

以前よりは金属版の精度が上がり、細かなデザインにも対応できるようになりましたが、あまりにも細かすぎるデザインは線にかすれや潰れがでてしまいます。
きれいな仕上がりにするためには、デザイン段階でかすれや潰れのリスクを軽減させておくと安心です。

 

かすれやすい・潰れやすい箔押しのデザインは、以下のとおりです。

  • ・線が細すぎる(1pt以下)
  • ・文字と文字の間隔が狭い(1pt以下)
  • ・文字の大きさが小さすぎる(8pt以下)
  • ・画数の多い文字を使用している
  • ・潰れやすいフォントを使用している
かすれやすい・潰れやすい箔押しのデザイン
かすれにくい・潰れにくい箔押しのデザイン

 

細すぎる線は熱圧着するときに転写がうまくいかず、一部金属板にくっついたり、剥がれたりしてしまうことがあります。
きれいな線を再現するためには、最低でも1pt以上の太さが必要です。

 

また、文字同士の間隔や大きさ、画数も十分な距離や大きさを意識しましょう。
同じ文字でもフォントによっては線の太さや間隔が異なるため、潰れそうな文字の場合はサイズを大きくしたり、フォントを変えてみたりすると解決できる場合があります。

 

ちなみに、線の太さなどの最低値は印刷会社ごとに異なる場合もあるので、デザイン前に確認しておくことをおすすめします。
かさまーとの最低値は、上記箇条書きのポイント数を参考にしてください。

箔押しが折り目に重ならないデザインにする

紙袋やクリアファイルなど、折り目がある製品に箔押しをするときは、折り目位置を避けたデザインを心がけましょう。
印刷自体が不可能というわけではありませんが、折り目のある部分に箔押しをすると剥がれやすくなるため、メリットはないためです。
 
印刷会社によっては折り目を避けたデザインができるよう工夫されたテンプレートの配布も行われているため、活用してみてください。
また、箔押し位置が多少ズレる可能性も視野に入れて、折り目に近い位置も避けたデザインがおすすめです。
 
クリアファイルの場合も、同様の理由で接着部分や付近の箔押しは避けることが重要です。
かさまーとでは、箔押しが剥がれやすい接着部分などの印刷は避けているため、天地25mm・左右20mm以内が箔押し可能範囲となります。
箔押し可能範囲

ページの上部へページの上部へ

箔押しを活用したノベルティならかさまーとにお任せください

箔押しをデザインに取り入れると、シンプルなアイテムでも高級感を演出できるようになるのがメリットです。
安く手軽に箔押しを試したいなら、かさまーとにお任せくださいませ。

 

かさまーとなら既製品に箔押しで名入れのみを行う商品の他に、4色フルカラー印刷に箔押しをプラスした完全オリジナルのクリアファイル作成も取り扱っています。
予算や用途に合わせてさまざまな箔押し対応商品を用意しているため、ぜひ商品ページをご覧ください。

箔押し商品の一覧ページはこちら:https://www.kasamart.jp/item/clearfile/hakuoshi/

 

弊社は明治時代に創業して以来、145年以上の長きにわたり印刷のプロとして確かな技術と知識をみがいてきました。
Japan color認証制度取得によりカラーの再現度の高さも保証されているため、箔押しだけではな、繊細なくオリジナルデザインの印刷も安心してお任せいただけます。

 

価格表にない発注量や仕様にも柔軟に対応しており、ウェブサイトに掲載している商品・発注量は「WEB自動見積」で24時間いつでも見積もり可能です。
まずはお気軽に、商品の見積りやご相談からお試しくださいませ。
 

ページの上部へページの上部へ