クリアファイルの素材は複数種類あるのご存知ですか? 素材別特徴まとめ

【創業明治8年】オリジナル印刷・作成ならクリアファイルのかさまーと
価格満足度No.1
9:00〜17:30 土日祝除く
(076)275-8877
メールは24時間受付
info@kasamart.jp

クリアファイルの素材は複数種類あるのご存知ですか? 素材別特徴まとめ

クリアファイルというと、多くの方が表面がツルツルした光沢のあるプラスチック状のものを想像するでしょう。

実は、一見すると同じように思えるクリアファイルでも、まったく異なる素材で製造されているケースもあります。

 

  • ・一般的なクリアファイルは何の素材でできているのか
  • ・話題のエコ素材を使用したクリアファイルについて
  • ・エコ素材を使用していることをアピールする際の注意点

ここでは上記3つのポイントを中心に、クリアファイルで使用されている素材の種類や特徴、エコ素材を使用した場合にアピールしたいときの方法についてご紹介します。

クリアファイルはなんの素材でできているか、ご存知ですか?

一般的なクリアファイルは、水に強いプラスチック系の素材で作られています。

しかし、それぞれのクリアファイルを見ると分かるように、モノによって透明度が高かったり、なんとなく手触りが異なっていたりします。

 

その理由のひとつが、クリアファイルに使用されている素材自体の違いです。

大まかに分けると一般的なクリアファイルと、エコ素材を使用したものの2種類が普及しており、各素材の違いは次の通りです。

多くのクリアファイルで使われているPP(ポリプロピレン)

最も一般的なクリアファイル用の素材として、PP(ポリプロピレン)が挙げられます。
ポリプロピレンの特長は「軽い」「折り曲げに強い」「リサイクルしやすい」といった点です。
 
似たような素材にポリエチレンがありますが、ポリプロピレンのほうが透明度が高く、若干軽い性質を持っています。
加工しやすいため、クリアファイル以外にもキッチンアイテムや化粧品用ボトルなど、多くの生活雑貨に利用されています。
 
かさまーとでも代表的な素材であり、クリア名刺やマスクケース、ランチョンマットなど、多種多様なグッズに活用している身近な存在です。
ポリプロピレン
かさまーとで取り扱いのあるPP(ポリプロピレン)素材のグッズ※一部の例
・クリアファイル(A4~A6・B5~B6)
・プレミアファイル
・変形型クリアファイル(バッグ型・書類ケース型など)
・クリアポスター
・クリアポストカード
・チケットケース・ホルダー
・抗菌マスクケース
・ランチョンマット
など

 

上記のほかにも実用性の高いグッズを作成できますので、ぜひその他ラインナップもご覧ください。

汎用性が高いだけではなく、ポリプロピレンは塩化ビニールなどと異なり、燃やしてもダイオキシンが発生しない素材でもあります。

エコなクリアファイル素材1:再生プラスチック

環境問題へ積極的に取り組んでいる企業や団体の方は、オリジナルグッズもエコな素材で作成したいものです。

 

エコなクリアファイル素材の1つ目として、「再生プラスチック」が挙げられます。
廃プラスチックを再利用した素材で、通常のクリアファイルと同様の質感です。

 

通常のポリプロピレンよりも透明度が高いのが特長かつ、本体にエコマークの表示も可能なため、デザインにこだわりつつ環境への配慮の高さをPRできます。
かさまーとのクリアファイル「高透明エコ」では、透明度とエコへの貢献度が高い100%の再生プラスチックを採用しているため、透明感を重視したいデザインに最適です。
 
もちろん、通常のポリプロピレン素材を使用したクリアファイルと同じく、透けさせたくない部分は白版印刷で透過性を軽減できます。
かさまーとでは、色の出方などを実際の商品とおなじ素材・印刷機で確認できる色校正サービスもご用意していますので、色見や透明感を確認したいときはぜひご活用ください。
エコマーク

 

再生プラスチックを使った商品はこちら:https://kasamart.jp/feature/3848/

エコなクリアファイル素材2:再生PET

2つ目のエコな素材が、「再生PET」です。
その名の通り、回収されたペットボトルを再利用して使った素材で、身近なもので挙げると衣料品やボトルのラベルなどにも使用されています。
 
かさまーとの再生PET商品の場合、80%をリサイクルシートで作成しています。
取り扱い商品の中では、PET下敷き(A4・B5サイズ)、うちわ(丸うちわ・柄付き)などです。
 
透明度が高い上、ポリプロピレンと違い、カール現象(特定の印刷物のインクと化学反応が起こり、丸まってしまう現象)が起きません。
しかしポリプロピレンと比べて印刷時や加工時に傷が入りやすく、取り扱いに注意が必要です。
再生PET

 

再生PETを使った商品はこちら:https://kasamart.jp/feature/3848/

エコなクリアファイル素材3:ストーンペーパー

3つ目のエコな素材は、2000年代に登場したばかりのストーンペーパーです。

 

名前から分かるように石(石灰石)の粉末から作られたペレットを主原料としており、木材チップなどを一切使用していない紙です。

紙を作る場合と違い乾燥や洗浄といった製造プロセスがなく、製造における環境への負荷も少なく済みます。

 

また石を使って作っているので、水に強く耐久性が高いという特長があります。

 

一方でインクジェットやトナー式の印刷機とは相性が悪く、素材同士の接着が困難などのデメリットもあるため、高い技術力を持った業者でなくては印刷や加工は困難です。

 

かさまーとは創業以降、長い年月をかけて培ってきた技術力と知識によって、ストーンペーパーのフルカラー印刷や接着加工も可能となりました。

人気のストーンファイルはもちろん、手軽なグッズとしてフルカラーのコースターもストーンペーパーで作成いただけます。

 

ストーンペーパーを使った商品はこちら:https://kasamart.jp/feature/4317/

ページの上部へページの上部へ

エコ素材のクリアファイルにエコマークやSDGsロゴを入れる際の注意点

エコ素材を使っているクリアファイルであれば、エコマークやSDGsロゴを入れることができ、環境問題に対する意識の高さを主張できます。
近年は世界各国でSDGsへの取り組みをPRする企業が増えており、グローバル展開を視野に入れている場合は軽視できないポイントです。
 
SDGsとは「接続可能な開発目標」のことで、2030年までに各国で取り組むべきとして世界が合意したこと(17の目標と169のターゲット)の総称です。
 
主軸となる17の目標のうち、笠間製本印刷ではエコ商品の開発・提供を中心に8つの目標を満たす取り組みをおこなっています。
SDGs
SDGsの17の目標のうち、笠間製本印刷が取り組んでいる8つの目標
・すべての人に健康と福祉を
・エネルギーをみんなにそしてクリーンに
・働きがいも経済成長も
・人や国の不平等をなくそう
・つくる責任つかう責任
・気候変動に具体的な対策を
・海の豊かさを守ろう
・陸の豊かさも守ろう

 

SDGsへの取り組みをPRすることはイメージアップにもつながるため、積極的に公表したいところですが、エコマークとSDGsロゴそれぞれのマークを入れる際の注意点があります。

例えば両方に共通する注意点のひとつが、「ロゴマークを勝手に改変しないこと」です。

 

デザイン性にこだわりたい方の場合、ロゴマークに影を付けたり透明度をアップさせたり、3Dイラストにしたりと改変したくなるものですが、これらは認められていません。

 

そのほかにも使用上の注意点は複数あるため、規定違反にならないよう、各公式サイトで事前にしっかりと確認してから使用しましょう。

エコマークの注意点:https://www.ecomark.jp/office/guideline/guide/
SDGsロゴの注意点:https://kasamart.jp/feature/3848/

ページの上部へページの上部へ

まとめ

クリアファイルに使用される代表的な素材としてPP(ポリプロピレン)が挙げられますが、ほかにも同様に水に強い素材など複数種類があります。

再生素材を使用したクリアファイルも複数種類あり、含有率によって透明度に違いが出るため、デザイン重視で選ぶこともできます。

 

近年は再生素材を活用したエコ活動をはじめ、世界各国の企業でSDGsへの取り組みとPRがおこなわれているため、エコ素材を使用したオリジナルグッズの作成がおすすめです。

 

かさまーとでも各種エコ素材を使用したクリアファイルやその他グッズの作成をしておりますので、ノベルティやオリジナルグッズ作成の際はぜひご相談ください。
 

ページの上部へページの上部へ