価格満足度No.1のかさまーと│オリジナルのクリアファイル印刷・作成

【創業明治8年】オリジナル印刷・作成ならクリアファイルのかさまーと
価格満足度No.1
9:00〜17:30 土日祝除く
(076)275-8877
メールは24時間受付
info@kasamart.jp

入稿データ作成ガイド

イラストレーターの注意点フォトショップの注意点白版について
対応バージョンについてデータチェックについてデータ入稿方法についてPDF入稿について
商品別データ作成ポイントデータ作成代行サービスについてソフトのバージョンによるバグと対策例について

ソフトのバージョンによるバグと対策例について

クリッピングマスクによる不具合透明効果が影響したオーバープリントの不具合
PDF作成時パターンが自動的にオーバープリントされてしまうテキストの「塗り」にグラデーションが設定できてしまう
ドロップシャドウの適応範囲が変わってしまうアウトライン化する前後で、出力&プレビュー結果が異なる
カタカナテキストのドロップシャドウがずれる場合があるマスク処理した画像を並べて配置し、PDF保存すると隙間やずれが生じる

クリッピングマスクによる不具合

llustrator ver.8もしくはCS3にて、画像やオブジェクトにクリッピングマスクを作成すると、予期せぬバグが発生する場合があります。クリッピングマスク作成後に「被マスクオブジェクト」と「マスク用オブジェクト」をグループ化してください。
クリッピングマスクによる不具合

ページの上部へページの上部へ

透明効果が影響したオーバープリントの不具合

llustratorCS3〜6にて、EPSもしくはPDF/X-1aにて保存すると、透明効果を「透明効果を分割・統合」した部分がオーバープリントされません。
それによって意図せぬ仕上がりになる場合がありますので、ご注意ください。
弊社ではK100%で作られたオブジェクトに対して、自動的にオーバープリント処理がされます。すると、下に重なった色がうっすらと透けているように見えます。
オーバープリントされないようにするには、K100%にC1%など他の色を1%でも足して頂きますと回避することができます。
また、入稿データ形式はAIもしくはPDF/X-4にしてください。
透明効果が影響したオーバープリントの不具合""

ページの上部へページの上部へ

PDF作成時パターンが自動的にオーバープリントされてしまう

llustratorCS3〜6にて、パターンを作成し「分割・拡張」を行わずにEPSもしくはPDF/X-1a、PDF/X-4にて保存すると、自動的にオーバープリントされてしまうことがあります。
それによって意図せぬ仕上がりになる場合がありますので、ご注意ください。
オーバープリントされないようにするには、パターンを全て「分割・拡張」して頂きますと回避することができます。

パターン使用
パターン分割ありなし

ページの上部へページの上部へ

テキストの「塗り」にグラデーションが設定できてしまう

llustratorCS4〜5のみ、テキストの「塗り」にグラデーション設定できるため、アウトライン化すると、プレビュー上の色からグラデーションに変わります。
すべてのフォントにアウトライン処理を行ってください。
アウトライン処理とは、テキストデータを図形化(パス化)することで、フォントが無い別のパソコンで開いてもそのままの形で表示することができます。
テキストの「塗り」にグラデーションが設定できる

ページの上部へページの上部へ

ドロップシャドウの適応範囲が変わってしまう

llustratorCS3〜6にて、PhotoshopCS5で作られたEPS画像を配置した場合、画像に直接ドロップシャドウ効果をつけて、データを開き直すとドロップシャドウの適応範囲が変わってしまう場合があります。
llustratorの環境設定→ファイルの管理・クリップボードにて、「リンクされたEPSに低解像度の表示画像(プレビュー)を使用」にチェックが入っている場合はチェックを外してください。
EPS保存時、プレビュー表示を「TIFF(8bit/pixel)」にしてください。画像を使用する場合はEPSではなく、PSD保存することをおすすめいたします。
ドロップシャドウの適応範囲が変わる

ページの上部へページの上部へ

アウトライン化する前後で、出力&プレビュー結果が異なる

llustratorCS3〜6にて、スレッドテキスト(2つ以上のテキストボックスを連結させること)を作成した際、文字のアウトライン化を行うと文字の改行位置がずれる場合があります。
スレッドテキストをグループ化してオブジェクト→透明部分を分割・統合にて、「すべてのテキストをアウトラインに変換」にチェックを入れてOKをクリックしてください。

アウトライン前
アウトライン後

ページの上部へページの上部へ

カタカナテキストのドロップシャドウがずれる場合がある

llustratorCS3にて、カタカナテキストにドロップシャドウ効果を設定すると、影の位置がずれる場合があります。
カーニングの設定が「自動」の際に起こる可能性があるため、Open type設定の「プロポーショナルメトリクス」をONにすると解消されるようです。
アウトライン化してからドロップシャドウ効果を設定すれば問題ありませんが、アウトライン後の文字内容の編集はできなくなってしまいますので、アウトライン化前のデータをバックアップしておいたほうがよいです。

アウトライン前
アウトライン後

ページの上部へページの上部へ

マスク処理した画像を並べて配置し、PDF保存すると隙間やずれが生じる

llustratorCS3〜5.1にて、PDF/X-4・X-1a書き出しすると画像同士の間にわずかな隙間やズレが生じる場合があります。
リンク画像はPSDやTIFFにし、リンク画像を埋め込みにしてからPDF保存してください。
PDF保存する際は「かさまーとPDFX4プリセット.joboptions」を使用してください。

AIデータ
PDF

ページの上部へページの上部へ