価格満足度No.1のかさまーと│オリジナルのクリアファイル印刷・作成

【創業明治8年】オリジナル印刷・作成ならクリアファイルのかさまーと
価格満足度No.1
9:00〜17:30 土日祝除く
(076)275-8877
メールは24時間受付
info@kasamart.jp

入稿データ作成ガイド

イラストレーターの注意点フォトショップの注意点白版について
対応バージョンについてデータチェックについてデータ入稿方法についてPDF入稿について
商品別データ作成ポイントデータ作成代行サービスについてソフトのバージョンによるバグと対策例について

商品別データ作成ポイント

マジッククリアファイル箔押し3ポケットファイル5ポケットファイルレンチキュラーバリアブル

マジッククリアファイル データ作成のポイント

マジッククリアファイルとはマジッククリアファイル データ入稿についてマジッククリアファイル 印刷方法マジッククリアファイル データ作成方法|マジッククリアファイル おすすめの作成方法マジッククリアファイル デザインに関する注意点

マジッククリアファイルとは

マジックファイルとは、クリアファイルの透明性を活かし、書類の抜き差しで色やデザインが変化するギミッククリアファイルのことです。

より透明度の高い「高透明エコ」素材を使用しますと、重なったときの色の発色がとてもきれいなのでおすすめです。
マジックファイルとは
重なったときのイメージ
上図は当社サンプルのデザインです。ホームページより無料サンプル請求可能ですので、ぜひご請求いただき、実物をご覧ください。

ページの上部へページの上部へ

マジッククリアファイル データ入稿について

当社テンプレートを必ず使用いただき、AI もしくはPSD 形式でご入稿ください。

※絵柄や白版がズレていないか、入稿前にご確認ください。

マジッククリアファイルの入稿データは
「カラーデータ」、「白データ1」、「白データ2」の3つの印刷用データが必要です。
●Illustrator の場合
 「カラーデータ」、「白データ1」、「白データ2」でレイヤーを分けてデータ作成いただき、1つのaiファイルでご入稿ください。
●Photoshop の場合
 データ作成後、「カラーデータ」、「白データ1」、「白データ2」を別々のファイルに分けてご入稿ください。

ページの上部へページの上部へ

マジッククリアファイル 印刷方法

当社では中面から以下の順番で印刷を行います。
マジッククリアファイル 印刷方法
カラーデータを見開きで作成し、白データを表面・裏面で分けるのはそのためです。

ページの上部へページの上部へ

マジッククリアファイル データ作成方法

マジッククリアファイル データ作成方法

テンプレートについて

当社テンプレートは印刷の関係上、クリアファイルを展開したかたちになっています。裏面(中面)にあたるデザインは裏面に反転してください。
デザインはセンター折り目ぴったりに作成いただくときれいに仕上がります。
テンプレート

カラーデータ

カラーデータは、見開きでデータを作成してください。
表面にくるデザインを向かって右側に、中面にくるデザインを向かって左側に配置してください。
※中面にくるデザインは、反転して裏面部分に配置してください。
カラーデータ

白データ1(裏面の白版データ)

裏面のみにデータ作成してください。
●Illustratorの場合
特色「White2(M100%)※ピンク色)」を使用し、「White2」レイヤーにデータを作成してください。
●Photoshopの場合
ダブルトーン「White2(M100%)※ピンク色)」でデータを作成してください。
白データ1

白データ2(表面の白版データ)

表面のみにデータ作成してください。
●Illustratorの場合
特色「White(C100%, M50%)※青色)」を使用し、「White」レイヤーにデータを作成してください。
●Photoshopの場合
ダブルトーン「White(C100% ,M50%)※青色)」でデータを作成してください。
白データ2

カラーデータ・白データ1・白データ2 を重ねたイメージ

きれいな白版を作成するためのコツは、「部分的白版 作成のポイント」のページをご覧ください。
カラーデータ・白データ1・白データ2 を重ねたイメージ

ページの上部へページの上部へ

マジッククリアファイル おすすめの作成方法

①当社テンプレートの表面に、紙を抜いた状態のデザインを考えます。

マジッククリアファイル おすすめの作成方法

②次に、「表面にくるデザイン」、「中面にくるデザイン」を分けます。

「表面にくるデザイン:紙を入れても見えるようにしたい部分」
「中面にくるデザイン:紙を入れると見えなくなるようにしたい部分」
と考え、1で考えたデザインを分けます。
※レイヤーで分けて考えるとわかりやすいです。

表面にくるデザイン
中面にくるデザイン

③「中面にくるデザイン」を反転して裏面に配置します。

「中面にくるデザイン」と「トンボ」を一緒に選択して反転するとスムーズです。
メニュー「オブジェクト」→「変形」→「リフレクト(垂直90 度)
※反転する際に、デザインの選択もれにご注意ください。
※「表面にくるデザイン」はそのままでOK です。

赤が選択した部分です
リフレクト

完成

ページの上部へページの上部へ

マジッククリアファイル デザインに関する注意点

表面と中面は印刷条件が異なるため、CMYK の数値が全く同じ場合でも、表面と中面の発色は異なります。紙を抜いたときに、表面のデザインが中面になじんで消えるデザインを作成されたい場合、パソコン画面のように完全になじまず、表面のデザインが見えてしまいます。このようなデザインをお考えの場合は、色校正にて色や見え方をご確認いただくことをお勧めいたします。
デザインに関する注意点

ページの上部へページの上部へ