Adobe Photoshopについて

■フォトショップで白版作成する際、白の濃度が100%になっていない

フォトショップで白版を作成した際、白の濃度が意図せずに100%になっていない場合があります。これはグレースケールにした段階で濃度が100%になっておらず、そのままダブルトーンにしたため発生するもの。濃度が低ければ、その分白は薄くなってしまいます。
濃度が低い場合は、Photoshop のトーンカーブで上げてください。

Photoshopで白版を作成した際、濃度が意図せずに100%になっていない場合があります。これは作業4でカラーモードをグレースケールにした段階で画像濃度が100%になっておらず、そのままダブルトーンにしたために発生します。

■クイックチェックポイント

■PDF/X-4の保存方法(フォトショップ)

■対応バージョンについて

■トンボ(トリムマーク)と塗り足しついて

■カラーモードについて(RGBとCMYK)

■文字がラスタライズ化されていない(フォトショップ)

■レイヤー(データ作成場所)について

■画像の配置について(埋め込みとリンク)

■画像解像度について

■フォトショップによる白版の作成方法

■フォトショップで白版作成する際、白の濃度が100%になっていない

お急ぎの方へ

クリアファイル無料サンプル請求
クリアファイルお問い合わせ
クリアファイル納期自動計算
入稿受付時間スケジュール確認