レンチキュラーのデータの作成について

■ムービングについて

連続した画像を複数枚(4~8枚程度)ご用意ください。画像が多いほど滑らかな動きになりますが、残像が見える場合があります。画像数は5枚程度が推奨です。
開始から終了までの動きが複雑すぎると、つながりが分かりにくくなります。
できるだけ単純な動きで表現することが効果的に見せるコツです。

チェンジングのレイヤー配置

■レンチキュラーレンズについて

■チェンジングについて

■ムービングについて

■3D レイヤーについて

■3D リアルについて

■3D 作成のコツ

■特殊効果について

■データの保存形式について

■トンボ(トリムマーク)と塗り足しについて

■カラーモードについて(RGB とCMYK)

■画像解像度について

■文字(フォント)サイズについて

お急ぎの方へ

クリアファイル無料サンプル請求
クリアファイルお問い合わせ
クリアファイル納期自動計算
入稿受付時間スケジュール確認