レンチキュラーのデータの作成について

■特殊効果について

Photoshopのレイヤー効果(描画モード)は、すべて「通常」にしてご入稿ください。
乗算、スクリーン、オーバーレイなどの効果は反映されません。
マスクや調整レイヤー、文字などは、レイヤー結合もしくはラスタライズ処理を行なってください。Illustratorの場合でも、オブジェクト透明設定(描画モード)は「通常」で作成してください。
出力データを書き出す際に、予期せぬ不具合やエラー、色味の変化等、トラブルの原因となってしまう場合があります。

プロファイル

■レンチキュラーレンズについて

■チェンジングについて

■ムービングについて

■3D レイヤーについて

■3D リアルについて

■3D 作成のコツ

■特殊効果について

■データの保存形式について

■トンボ(トリムマーク)と塗り足しについて

■カラーモードについて(RGB とCMYK)

■画像解像度について

■文字(フォント)サイズについて

お急ぎの方へ

クリアファイル無料サンプル請求
クリアファイルお問い合わせ
クリアファイル納期自動計算
入稿受付時間スケジュール確認