Adobe Illustratorについて

■オーバープリント(K100%のスミノセ)について

オーバープリントにご注意ください
オーバープリントとは、色同士を重ねて印刷すること。例えば、背景色の上に黒いオブジェクト(や文字)を乗せた場合、周りに細かい隙間が出ることがあります。これは「見当ズレ」といって、色と色の間にわずかに隙間ができます。インキを重ねて印刷される際に、用紙がわずかに伸縮するため、下図のように隙間ができてしまいます。
オーバープリント処理なしでモニターで見た場合 印刷物では見当ズレによる隙間が生じる
K100%にはオーバープリント処理が適用されます 弊社では、K100%で作られたオブジェクトに対して、自動的にオーバープリントの処理がされます。こうすることで見当ズレは防ぐことができますが一方で色同士が重なることで、下に重なった色がうっすらと透けているように見えてしまいます。
よくある失敗例①人物の髪の毛など②白フチ文字③写真の上の黒ベタ
オーバープリントされないようにするには?K100%にわずかに別の色(シアン1%など)を加えてK100%(C0% M0% Y0%)の状態を回避してください。

■白版が特色「White」の設定になっていない

■白版に特色「White」以外の色を使用したオブジェクトが入っている

■白版のサイズがカラー版より0.1mm内側もしくは外側の設定になっていない

■白く表現したい部分だけに白版データがある

■フォトショップで白版作成する際、白の濃度が100%になっていない

■カラーデータに特色を使用している

■ヘアライン(印刷されない線)がある

■文字がアウトライン化・ラスタライズ化されていない

■塗り足しがない、仕上がり位置で文字等が切れてしまう

■溶着部分に文字等がかかっている

■センターがズレている

■画像の解像度が低い

■画像にプロファイルが埋め込まれている

■オーバープリント(K100%のスミノセ)について

■EPS形式での入稿や、PDF/X-4ではないPDF形式データでの入稿

■白版データのご指示がなく、白版データの入稿がない

お急ぎの方へ

クリアファイル無料サンプル請求
クリアファイルお問い合わせ
クリアファイル納期自動計算
入稿受付時間スケジュール確認