Adobe Illustratorについて

文字がアウトライン(outline)化されていない(イラストレーター)

すべての文字(フォント情報)にアウトライン(outline)処理を行なってください。アウトライン(outline)処理をしないと別のパソコンで開いた際、初期設定されているフォントや、近いタイプの別のフォントに置き換わってしまします。
アウトライン(outline)処理とは、テキストデータを図形化(パス化)することで、フォントが無い別のパソコンで開いてもそのままの形で表示することができます。
アウトライン(outline)化したデータはもとのデータを残す意味でも別名保存の状態で保存する事をおすすめしております。

アウトライン(outline)化されている文字とアウトライン(outline)化されていない文字の違い
アウトライン(outline)の処理の方法 1.レイヤーのロックをすべて外します。 2.メニュー「オブジェクト」→「すべてをロック解除」を選択します。 3.メニュー「選択」→「すべてを選択」を選択します。 4.メニュー「書式」→「アウトライン(outline)を作成」を選択します。

■クイックチェックポイント

■PDF/X-4の保存方法(イラストレーター)

■対応バージョンについて

■トンボ(トリムマーク)と塗り足しついて

■レイヤー(データ作成場所)について

■文字がアウトライン(outline)化されていない(イラストレーター)

■画像の配置について(埋め込みとリンク)

■パターンの使用について

■文字(フォント)サイズについて

■オーバープリント(K100%のスミノセ)について

■特色(スポットカラー)について

■ヘアライン(印刷されない線)がある

お急ぎの方へ

クリアファイル無料サンプル請求
クリアファイルお問い合わせ
クリアファイル納期自動計算
入稿受付時間スケジュール確認