データの作成について

■トンボ(トリムマーク)と塗り足しついて

トンボ(トリムマーク)は印刷物の仕上がり位置と塗り足し部分を指定する為に必要な線です。塗り足しがないと、仕上がりサイズに断裁する時に生じるわずかなズレによって、絵柄が途切れてしまいます。それを防ぐために塗りたしを3mm以上付けていただく必要があります。弊社のクリアファイル各種テンプレートデータには予めトンボがあります。トンボは4色のインキを順に重ねて刷り上げる際、各色版の位置を合わせるための役割も果たしています。
また仕上がり位置ギリギリに切れてはいけない文字等を配置すると、こちらも仕上がりサイズに断裁するときに生じるわずかなズレによって、切れてしまう可能性があります。それを防ぐ為に文字等は仕上がり位置より3mm以上内側に配置してください。

トンボと塗り足し

ご入稿時、切れては困るデザインや文字などは、ピンクのエリアよりも内側に作成をお願いします。 また、ピンクのエリア内に全体のデザインを収めてしまいますと、塗りたしがない状態となりますので、ピンクのエリアよりも外側までデータ作成をお願いします。
仕上がり位置から塗りたし3mmを含めたサイズでデータ作成いたしますと、裁断時に絵柄が途切れることを防ぐことができます。
最終的に、このピンクのエリアが表示されている「このレイヤーは消してください」は消した状態でレイヤーの統合をお願いします。

トンボと塗り足し

■完全データ入稿について

■PDF/X-4について

■PDF/X-4の保存方法(イラストレーター)

■PDF/X-4の保存方法(フォトショップ)

■トンボ(トリムマーク)と塗り足しついて

■カラーモードについて(RGBとCMYK)

■リッチブラックについて

■画像解像度について

■センターのズレについて

■文字(フォント)サイズについて

■クリアファイルの仕上がりについて

■溶着部分に文字等がかかっている

■線の細さについて

■色の濃度にばらつきがある

お急ぎの方へ

クリアファイル無料サンプル請求
クリアファイルお問い合わせ
クリアファイル納期自動計算
入稿受付時間スケジュール確認