データの作成について

■クリアファイルの仕上がりについて

・ぬりたしについて
仕上がり位置付近に文字やデザインを配置されていると、仕上がりサイズに断裁するときに生じるわずかなズレによって、切れてしまう可能性があります。切れてしまってはいけない必要な情報は、仕上がりより3mm内側に配置してください。
また、溶着部分への印刷は可能ですが、見せたいデザインや読ませたい文字は、 下の仕上がり線より7mm以上内側に配置して下さい。

・指かけと裂け止めについて
クリアファイルの表面には、半円のくり抜き箇所と三角の切れ込み箇所があります。
半円のくり抜きは「指かけ」といって、クリアファイルを開く際に指をひっかけて、書類を取り出しやすくするためのものです。
三角の切れ込みは「裂け止め」といって、クリアファイルを開く際に、下の溶着されている部分にかかる力を分散させることで、溶着部分を破けにくくするものです。
指かけと裂け止めも同様に、切れてはいけない情報は、仕上がりより3mm内側に配置してください。

・仕上がり線について
データご入稿時に仕上がり線を入れた状態のままですと、仕上がり線も一緒に印刷されてしまいます。
不要な線の印刷を避けるために、作成時の仕上がり線はガイドにしておくことをお勧めしております。

クリアファイルの形に断裁後

■完全データ入稿について

■PDF/X-4について

■PDF/X-4の保存方法(イラストレーター)

■PDF/X-4の保存方法(フォトショップ)

■トンボ(トリムマーク)と塗り足しついて

■カラーモードについて(RGBとCMYK)

■リッチブラックについて

■画像解像度について

■センターのズレについて

■文字(フォント)サイズについて

■クリアファイルの仕上がりについて

■溶着部分に文字等がかかっている

■線の細さについて

■色の濃度にばらつきがある

お急ぎの方へ

クリアファイル無料サンプル請求
クリアファイルお問い合わせ
クリアファイル納期自動計算
入稿受付時間スケジュール確認